こんにちは赤ちゃん2014/01/15 20:54

長男に子供が生まれた。
僕たち夫婦にとっても初めての出来事。
予定日ぴったり。実にいい子だ。

今は生まれる前から性別がわかっているから、すでに名前も付いていて・・・。
先程長男が来て、名前を教えてもらい、写真とビデオを見る。

息子はすでに親バカになっていて、「可愛い可愛い」の連発。
確かに、女の子だし、本人が生まれた時よりは可愛い。間違いない。

息子も親になったか・・・。
生まれた時からすべてを知っている子が親になった。
何か感慨深いし、年をとっていく自分が切なく思えてくる。

デジタル一眼レフを買って再び写真を撮るようになってから5、6年、その前はいつ頃から撮らなくなってしまったんだろうかと、フィルムのネガアルバムを見ると、どうも末の娘が1歳くらいときだったようだ。
その理由はビデオ。夢中で子供べったりで撮っていた。子供は天才俳優だ。
ビデオを撮るようになると、白黒フィルムの現像焼き付けが億劫になり、カラー写真にはあまり興味がなかったので、だんだんスティルカメラから遠ざかって行った。

娘にはすまないと思っているが、スティル、特に白黒フィルムで撮った写真が、2人のお兄ちゃんほど残っていない。
その分おじいちゃんがたくさん撮ってくれたカラー写真があるから、いいよね。
少ない中から、1枚。

オリンパスFT+ズイコー40mm(手放してしまって今はない)

今は一眼レフにも動画機能が付いている時代。僕はこれは嫌いだ。動画を撮りたければ、動画専用機で撮ればいい。それでなければ、動画の面白さはわからない。一眼レフに初めて動画機能を入れたニコンは罪作りだ(当初キヤノンとしていたのは僕の間違いだったので訂正しました)。
ニコンはDfでその罪を償ったのかもしれない(この行追加)。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sometime-somewhere.asablo.jp/blog/2014/01/15/7194035/tb