今度は花粉2020/03/05 20:35

長患い。そんなに悪くはないけれど、よくもない。
ただ、ようやく熱が平熱に近い状態になってきたのでほっとしている。
まだ咳は出るけれど、最近は目もかゆくなって、どうも花粉にやられてしまったようだ。
新型コロナウィルスによる感染拡大はもっと大変なことなのだけれど。

ところで、X-Eシリーズが廃止されるという噂があるみたいで・・・。
富士フイルムは当初のコンセプトからぶれてしまったのかな?
X-TやX-A、それに絞りリングのないXCレンズは要らなかったのではないか。X100、X-Pro、X-Eで自分の道を進んでほしかった。

富士フイルム専用のCapture Oneを買ってしまったので、富士フイルムは使い続けるつもりだけれど、この噂が本当ならばとても残念。

X-E3+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

マクロレンズで2020/03/07 21:06

マクロレンズは、ペンタックスを使っていた時に、結果2本買ったけれど、少し使っただけで、手放した経験がある。
なので、もう三度と買うことはないと思っていたのだけれど、ある事情から3本目のマクロレンズを買うことに。
α7Ⅱ用に純正が欲しかったので、否応なしにFE90mm F2.8 G OSSとなる。

ただ、価格.COMの最安でも、僕にとってはなかなか手を出しにくい価格なので、21mm F3.5 Vintageのように、探せばもう少し安いのがあるのではないかと、ものは試しで探してみると、未使用品で、最安よりも数万円安いものを発見。
未使用品ならいいか、ということで注文。本日届いて試し撮り。レンズ本体、機能、動作、どれも問題はなく、とりあえずミッション成功。

こういうときに気をつけないといけないのは、詐欺。一度詐欺らしきサイトに騙されそうになったことがあるので、極端に安いもので、代金先払いのサイトは危険。注意が必要。




α7Ⅱ+FE90mm F2.8 G OSS

人間ドック2020/03/12 20:28

今日は日帰りの人間ドック。
十数年前に脳ドッグにいったことはあるけれど、人間ドックは初めての経験。人間ドックといっても簡単な日帰りコース。一度見てもらっておいたほうがいいかなということと、3月中に済ませないと補助がもらえないというのが、主な理由。
ただ、胃の検査はバリュームを飲むのが嫌だったので、パス。次回は自費で胃カメラにするつもり。

一時間ほどで終わり。正式な結果は一月後。超音波検査で胆のうと腎臓に少し異常が見つかったけれど、今のところ気にするほどではないとのこと。
来週は肺炎球菌ワクチンの接種、と続く。


気分が晴れない日々2020/03/26 13:03

10日前に肺炎球菌ワクチンを接種。妻も数週間前に接種。妻は副作用も何もなかったというので安心して受けたら、接種後数時間で接種部分の周りが痛み出した。
すぐ直るだろうと思っていたら、だらだらと4日間も痛みが続き、ようやく落ち着いたと思ったら、今度は高熱。熱は乱高下しながら2日続いた。
1週間経つ23日朝にまだ熱があったら、摂取した病院に電話しようと覚悟していたら、その日は朝から平熱。

昨日は安心して午後からの会議に出席したら、マスクの下から吐く自分の息がものすごく熱く感じ、気分も悪くなり、また何かあるのかな?と疑心暗鬼。
家族は風邪だというけれど、これは絶対に肺炎球菌ワクチンの仕業だと僕は思っている。もう二度と肺炎球菌ワクチンは摂取しないぞ!
今日は平熱。

急性気管支炎の治療を終えて2か月。昨年11月中ごろから具合が悪くなっていたので、新型コロナではないと分かっていても、急に熱が出たり咳が出ると、また、人と接することがあまりなくても、すごく不安になる。
心身ともに不安が消え、晴れ晴れした気分になれる日が早く来てほしいと、心から願っている。

サクラ


アンズ

スイセン


三脚を使用したまではいいのだけれど、三脚になれていないため、レンズ側の手ぶれ補正をOFFにするのを忘れてしまった。

α7Ⅱ+FE90mm F2.8 Macro G OSS

連日の試し撮り2020/03/28 15:55

FE90mm Macro の結果にいまいち納得できずに、連日試写。
手っ取り早いので、花を撮ってみたけれど、外では、花は少しの風でも揺れるので、いくら手ぶれ補正が効いても、三脚をたててもダメ。

何か撮るものはないかと探していたら、本棚に猫の置物が。「日光山」と書いてあるので、昔、子供たちの誰かが修学旅行で買ってきたものなのだろう。これは動かないからMacroの練習にはちょうどいい。
ということで・・・

F2.8

F4.0

F5.6

置物の大きさは、縦5cm横6cm。手持ちでAF撮影だっけれど、まあ、普通に撮れているという感じ。
オリジナルの大きさで見ると、F4.0の「日光山」がジャスピン。猫の左目辺りに合わせたのだけれど、F2.8とF5.6のものは少しボケ気味。左目と「日光山」はほぼ面一なので、鼻の頭にピントが合ってしまったのかもしれない。
いまいちに思えたのは、レンズのせいでなく僕の腕のせいのようなので、ひとまずは安心。

ただ、レンズ内手ぶれ補正付きのレンズを手ぶれ補正付きのボディにつけると、バッテリーの消耗は通常の3倍速。あっという間になくなってしまう。MFでもたもたしていられない。まずはAFでいいのかもしれない。

レンズ内手ぶれ補正をオフにすると、ボディ側(α7Ⅱ)もオフになった。レンズだけオフにできないのだろうか、というのが新たな発見と疑問。

雪ではなく霙2020/03/29 10:15

今日は朝から霙。10cmくらい雪が積もるのではないかと思っていたので、とりあえず一安心。もう雪はないだろうと、スタッドレスタイヤを夏用タイヤに替えたばかりだったので・・・。

レンズの話になるけれど、写真家の小林修士さんは、ポートレットも絞りは3.5~5.6くらいを使うという。その人物がどういうシチュエーションにいるのかを表現するには、背景がぼけすぎてはいけないからだ、という。
F1.2など明るいレンズを欲しがる人がいるけれど、また最近そういった明るいレンズが多くなってきたけれど、それらはでかいし、重いし、高い。
小林さんの考え方に沿えば、ポートレットに使うレンズならば、明るくても、余裕をみて、F1.8あれば十分ということになる。

僕の所有しているレンズで一番明るいのは、APS-C専用のXF35mm F1.4。孫の写真は室内で撮ることが多いけれど、最近のカメラは高感度に強くなっているので、どのレンズを使ってもF4以上に絞って撮っている。ボケ写真になってしまってはどうにもならないので。
これは正解だったのかな?

近くの土手で

α7Ⅱ+FE90mm F2.8 Macro G OSS

近くのスポーツ公園にて2020/03/30 21:31

近くに用があったので、テニスコートのあるスポーツ公園に寄ってみた。
桜が満開。
僕もおじいちゃんだけれど、おじいちゃん、おばあちゃんたち2グループがテニスをしていた。
かつて持っていたテニスへの情熱も、今はすっかりなくなってしまい、まるで別人のような自分がいる。ちょっと危険かな?

午前11時頃、帰りの車の中のラジオから、訃報が・・・。危ないとは思っていたけれど、ショックだった。
新型コロナウィルスの脅威。小説『復活の日』が小説のままであることを・・・。




X-E3+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS