野良ねこマイちゃん物語-さよなら マイちゃん2012/03/11 21:24

4匹の子猫たちがいなくなっても、マイちゃんは時々やってきた。
でも何か食べたいわけではなく、以前のように甘えたかったのかもしれない。
しかし、こちらは楽しみを奪われてしまった、わがままな人間。
かまってなんかやるものかー
と、知らん顔。
子供たちをほかのところに隠してしまうのは野良の習性で仕方ないのに、その悔しさはずっと続いていた。

そして暑い夏が続いていたある日、2、3日ぶりにマイちゃんがやってきた。でも様子がおかしい。ハーハー言いながらよだれを垂らし、力なく寝そべっている。完全にこの暑さにやられていることがわかった。産後4カ月位経っていたが、子供を産んだ影響もあったのかもしれない。
水をあげても、ご飯をあげても、口を近づけようともしない。

この暑さではと、かつて使っていた段ボールのベッドにマイちゃんを入れ、木陰に運んで行った。すると段ボールの囲いを自力で飛び出して木陰の奥の方に行った。まだ力は残っているから大丈夫かな、と思いながらも、もう駄目かもしれない、という不安もあった。

数時間後に見ると、マイちゃんはそこからいなくなっていた。
猫はその死に顔を人に見せないという。マイちゃんは死を悟ったのかもしれない。
そしてこの時を最後に、二度とマイちゃんの姿を見ることはなかった。


子猫がいなくなり、いつしかパンチも見かけなくなり、マイちゃんがいなくなってからは、ストーカーも見なくなった。
野良ねこマイちゃんと4匹の子供たちの一家、そしてそれを取り巻く雄猫たち、はじめて知ったこれら野良猫たちの世界は、僕や僕の家族を楽しませてくれた。

ふらっとやってきて、懐いて、うちで子供を産んだ不思議な猫、マイちゃん。
今はみんないなくなってさびしいけれど、楽しい時間をありがとう。
冷たくしたり、助けられなくてごめん。
高い空から、子猫たちを見守っててくれよ・・・。

今まで言ってなかったから、最後に言うよ
さよなら マイちゃん
(完)


野良ねこマイちゃん物語-突然の別れ2012/03/10 21:21

ある朝、いつものように農機具小屋の扉を開けると、カラーボックスの部屋に子猫たちがいない。ときどき隙間に隠れていたりしてたから、また隠れているのかと思い、みんなの名前を呼んでみた。
しかし何度呼んでも声もしないし、出ても来ない。
もしかしたら・・・。嫌な予感がした。

何日か前から、こんな日が来るかもしれないと、実はそんな思いがなくもなかった。

1年半位前になるが、蔵前の下屋の毛布の上に生後3、4カ月位の三毛の子猫がいたことがある。そのことに気が付いてから間もなく、この子猫のもとに茶トラの子猫、さらに母猫らしき猫もやって来て、3匹で畑をかけずり回って暗くなるまで遊び、やがてどこかへと行ってしまった。三毛の子猫も母親もそれっきり姿を見ることはなかつた。

こんなことがあって、母猫は、子猫がある程度成長すると、1匹ずつ別のところに隠し、母猫は子猫の宿をそれぞれ回って様子を見ているのかもしれないと、思うようになった。
だから、マイちゃんもいずれ、4匹の子供たちをどこか別のところへ隠してしまうのではないか。そんな予感はしていた。
でも、その日がこんなに早く来るとは・・・。

これは野良ねこの本能。仕方ないこと。と思っても、マイちゃんを大人げなく恨んだりした。

4匹の子猫たち。そのしぐさは見ていても飽きなかった。その成長を見ているだけで楽しかった。
それももう見られない。それを思うと悔しくて仕方なかった。

去年の暑い夏。そして今年の寒い冬。どこでどう過ごしたのだろうか。生きているのだろうか。
いや、きっと生きている。





ひょっこりとやってきて、元気な姿を見せてくれる日、
その日を楽しみに待っているよ。

野良ねこマイちゃん物語-ミーとお母さん2012/03/05 07:19









ミーはお母さんが大好き。
ほかの子はお母さんにちょっかいなど出さないのに、ミーだけは違った。
甘えん坊なんだろうな。
四匹とも可愛くて好きだったけれど、中でもミーのおしゃまなところが一番好きだった。

野良ねこマイちゃん物語-みんな外で遊ぶ2012/03/03 20:52








お母さんが外にいると、安心して、みんな外へ出てくるようになった。
このときは、四匹の子供たちがみんないなくなってしまうとは、夢にも思っていなかった。

野良ねこマイちゃん物語-初めての外2012/03/02 20:55

ちょこちょこ動き回るようになってから、はじめて外に出たのは、やっぱり好奇心の強いトラだった。


でも、まだこんなに小さい。


モモも捕まって外へ。


ポチはびくびくしてる。


ポチの左目はじゃれていたときに負傷したらしい。目薬をしてあげたら、1週間ぐらいで治ったみたいだった。



ミーもはじめは恐る恐る・・・。

マイちゃん一家の住処には、こんな風に農具がいっぱい置いてある。

野良ねこマイちゃん物語-やっぱりお母さん2012/02/28 07:13





お母さんが帰ってくると、みんなべったり。
やっぱりお母さんが一番なんだね。

野良ねこマイちゃん物語-じゃれ合う2012/02/27 07:30






誰かがちょっかいを出すと、四匹が入り混じってじゃれ合う。
きっとこれが楽しいんだろうな。
こうやってみんな大きくなっていく。ひとも同じ。