七ヶ宿・上戸沢-宮城県2012/08/12 22:14

下戸沢から上戸沢へ。
下戸沢と上戸沢、この2つの集落・宿場は、街並・家のつくり、そして雰囲気がよく似ていて、個々の写真だけ見ていると、正直どちらがどちらなのかわからなくなってしまう。

そこで生活している人には、それなりに苦労はあると思うけれど、原日本的な風景が今も引き継がれているということは、大きな日本の財産であると思う。

当時、こういった写真を撮ることができたことを、心から感謝したい。













七ヶ宿・下戸沢-宮城県2012/08/11 20:19

七ヶ宿(しちがしゅく)は宮城県南西部の刈田郡にある(今は白石市?)。
七ヶ宿の名の由来は、上戸沢、下戸沢、渡瀬、関、滑津、峠田、湯原の7つの宿場が置かれていたことによる。

どこを起点にしたのか忘れてしまったが、下戸沢、上戸沢まで2~3時間歩き、また2~3時間歩いて帰ってきたのを覚えている。

20代半ば、リュックやカメラバッグを担いで、1日7~8時間歩いても全然苦にならなかった。
今はそんな時代が恨めしい。

民家や街道の印象はあまりなかったが、今こうして写真を見ると、なかなかいい雰囲気を持っている。

ホームページichiro-ichieによれば、今も当時の面影を残しているようだ。