続 一人を旅する-モノクローム編62014/05/03 20:59

白黒フィルムの場合、スキャンした画像はどうしてもコントラストが弱く、ねむたい感じになる。シャドウ部とハイライト、中間色の調整が重要になってくる。
でもこれが簡単なようで難しい。ソフト上で調整時にはよく見えても、いざほかのところで見ると、まるで違っていたりすることも・・・。

鞆の浦2





BESSA R2+ULTRON28mm F2  NEOPAN400 PRESTO

続 一人を旅する-モノクローム編52014/05/02 22:17

鞆の浦の白黒フィルム、1本やっと撮り切ったフィルムと一緒に、ようやく現像。 
フィルムの自家現像の場合、現像液とフィルムの本数の関係で、こういうこともよくあることで・・・。

鞆の浦
海岸線から山側に入ると、海側とは違った雰囲気の街並に出会う。





BESSA R2+ULTRON28mm F2  NEOPAN400 PRESTO

一人を旅する-鞆の浦22014/04/16 20:59

この街の家は江戸時代のものだよ、と保命酒屋のおばちゃんが言う。
鞆の浦、といえば、あの常夜燈が有名で、僕もそれが見たかったのだけれど、僕はこの街並みの方が気に入った。

これ、保命酒っていうんだよ。飲んできな。
ぐい飲みに一杯飲んでみる。胃がすぐにかっと熱くなった。養命酒より薬草が2種類多いんだよ、とおばちゃん。
僕はまだ、翌日もリュックをしょって歩かなければいけないので、買えなかったけれど、あとから来たご夫婦は、これいいね、と言って買っていった。

ごちそうさま。心では「おばちゃん、買わなくてごめんね」と言って、街並を撮りながら、常夜燈の方へ歩いて行った。






暗くなって、もう一度街を歩き、常夜燈を見に行った。


X-E1+NOKTON Classic 35mm F1.4,DA21mm F3.2 AL Limited

一人を旅する-鞆の浦2014/04/15 20:24

尾道でのお昼は、もちろん尾道ラーメン。
でも、特にどうってことはなかったかな。

尾道からは福山に戻って鞆の浦へ。
福山駅の案内所、12時30分から13時30分まで休憩って、何それ!あり得ない。おかげで構内を20分うろうろ。
しかも案内が粗雑。はっきり言って、今までで最低。
こういうのって、観光にマイナスだと思うけれどなあ。

とにかく最低限のことだけ聞いて、自分でホテルに電話し予約。
バスに乗ること30分、鞆の浦で下車。
一人で歩いていると、おばあさんに声をかけられた。

柳井(山口県)から岡山の高梁に行って、そこからここへ来たという。旦那もいなくなってしまったので、一人旅が好きで一人であちこち行っているという。
「僕も、女房いるけど、一人旅しているんですよ」と言うと、「それはいけんよ」と叱られてしまった。
それにしても、すごい距離を、かなりの年になって、しかも、日帰りのようで。すごい!

僕もそうありたいけれど・・・。


古い建物が並び、しかも石畳。





灯籠のように見えるのが、有名な常夜燈。まだ灯は点いていない。


X-E1+NOKTON Classic 35mm F1.4,DA21mm F3.2 AL Limited